バスケットボールにおける突き指|三鷹で整体、マッサージは肩こり・腰痛治療の口コミで評判の三鷹駅前太子堂

HOME > スタッフブログ >バスケットボールにおける突き指

バスケットボールにおける突き指

2016/07/27

三鷹駅前太子堂ブログ、今回はバスケットボールのコラムです!

 

部活や体育の授業でバスケをしてケガをしてしまったという患者さんは、ほとんどが突き指足首の捻挫膝の痛みです。

 

今回はその中でも『突き指』について書いていきます!

 

突き指と一つの言葉では言っても、実は、この「突き指」は、指の関節の捻挫から靭帯の断裂腱の断裂脱臼、そして骨折までも総称した言い方なのです。

 

ですので、突き指を甘く見てはいけません!

 

痛みが大したことがないので、特に何もしなくていいと思いそのまま放置した結果、変形が残ったり、その後ずっと曲げ伸ばしづらくなることがありますので、突き指をしてしまったら早めに受診することをおすすめします。

 

ちなみに、よく「突き指はくせになる?」という言葉を耳にすると思います。 果たしてそれは本当でしょうか?実は突き指はくせになるではなく、関節を固定している靭帯がくなるというのが正確な答えとなります。

靭帯は、一度伸ばすと緩くなります。それが何度も続くことにより、指の靭帯がすごく緩い状態になると、少しの力で再受傷しやすくなります。

その為、突き指しやすい関節になっていってしまうのです。

 

次回は今日、明日からすぐ使える突き指の予防テーピングや、治療法について書いていきます!(^^)/

ページトップ