バレーボールでおきる膝の痛み|三鷹で整体、マッサージは肩こり・腰痛治療の口コミで評判の三鷹駅前太子堂

HOME > スタッフブログ >バレーボールでおきる膝の痛み

バレーボールでおきる膝の痛み

2016/08/26

三鷹駅前太子堂ブログ今回のテーマは、バレーボールでおきる運動障害についてです。

バレーボールはスパイク・ブロックでのジャンプ、レシーブでの急な切り返しなど膝への負担が多いスポーツで、膝を痛める方が多いと思います。

膝は半月板や十字靭帯・側副靭帯などいろんな組織があります。その中で膝のお皿の下にある膝蓋靭帯の痛みについてお話したいと思います。

四頭筋 引用入り syou

膝蓋靭帯はふとももの前面にある筋肉、大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋(合わせて大腿四頭筋)の4つが膝のお皿に集まり膝蓋靭帯となり脛骨という「すね」に付着します。ふとももの大きい筋肉が4つも集まるので膝蓋靭帯はかなりの負担です。

この大腿四頭筋にばかり負担がかかり、硬くなると膝蓋靭帯がひっぱられて炎症が起こります。これが膝蓋靭帯炎です。

こうなってしまうと跳んだり走ったりする時に膝の下に痛みが走り、思いどおりのパフォーマンスができなくなってしまいます。そうなる前にストレッチなどで大腿四頭筋にしっかり柔軟性をもたせてあげましょう。

そしてなってしまったらですが、これが厄介です。

膝の痛みなのですが、大腿四頭筋は骨盤までついています。なので骨盤が後ろに傾けば大腿四頭筋が引っ張られて炎症が起きている膝蓋靭帯に負担がかかります。そうなると日常生活の姿勢や、運動時のフォームなどの修正なども必要になってきます。

膝が痛いからといって膝だけではなく、全体的なフォームも見直していきましょう!!

ページトップ