テニスと筋トレ(スクワットトレーニング)|三鷹で整体、マッサージは肩こり・腰痛治療の口コミで評判の三鷹駅前太子堂

HOME > スタッフブログ >テニスと筋トレ(スクワットトレーニング)

テニスと筋トレ(スクワットトレーニング)

2016/03/07

三鷹駅前太子堂ブログでは、何度かバランスの大切さについてお話をしていると思います。

今回はスクワットについて話をしていきます。

みなさんはスクワットの素晴らしさを知っていますか?

 

スクワットはトレーニングだけでなく、バランスチェック返球能力のチェックまでできるのです。

さらに、驚くことには『ボールスピード』の向上まで可能なのです!

ですが、今回のテーマはバランスに絞ります。

ボールスピードについてはまた今度お話をしたいと思います。

 

では、バランスチェックです。

両足を肩幅に広げた状態で胸の前で腕をクロスさせます。

その状態でしゃがんでいきます。

 

いわゆるスクワットです。

両膝はどう動くでしょうか?

まっすぐ人差し指のほうへ曲がっていきますか?

外に逃げたり、うちに入ったり、さらには左右の足が別のほうに動いたり…

まっすぐ曲がらず、ぐらつく人も要注意です。

これは前回のランジと合わせてチェックするのをお勧めします。

 

左右のバランスをチェックしたので、今度は前後のバランスです。

長い姿見の鏡があれば、その横ですると良いです。

同じ姿勢でしゃがんでいきましょう。

 

しゃがんでいく姿勢を見ていきます。

足首から膝のライン(すねのライン)と、腰から頭のライン(上半身)を見てください。

平行になっているでしょうか?

 

これが平行になった状態を『パワーポジション』などと言います。

反応にすぐれ、体もしっかりと安定しているポジションになります。

 

しゃがみきった時もそうですが、その途中…

テニスでいえばレディポジションの時を想像してやっているといいと思います。

あなたは理想のレディポジションをとれていますか?

 

テニスは反応(動き出し)が命です!

ドロップショットのボールが拾えなかったり、逃げるサーブがうまく返せないなどの原因になっているかも!

ただしいスクワット姿勢を手に入れて会心のリターンを打ってみましょう!

 

ページトップ