膝に水が溜まるって、どういうこと?|三鷹で整体、マッサージは肩こり・腰痛治療の口コミで評判の三鷹駅前太子堂

HOME > スタッフブログ >膝に水が溜まるって、どういうこと?

膝に水が溜まるって、どういうこと?

2015/08/15

膝の水でお困りの方もいると思います。

これは関節内にダメージが及んでいると起こる現象なのですが、すごく悪いイメージが先行してしまっている印象を受けます。

 

膝に水が溜まったら、水を抜いたほうが良い!というわけではありません。

体の防御反応で水が溜まるということは、水を溜める必要があるという事です。

そもそも膝の水とは『滑液』と言われる潤滑液=天然のヒアルロン酸なのです。

人間の体は自身を守るために様々な反応をします。

非常によくできているのです。

 

ただ、これも量によりますので、溜まりすぎは抜くことになります。

少量の水が溜まっている場合は、包帯やテーピングで圧迫を加えることで吸収を促すこともできます。

 

何よりも大切なことは、膝に水がたまる原因をつきとめて、それを取り除いてあげる事なのです。

 

O脚などで軟骨が片側だけ削れてしまう状態などが原因になります。

これを『変形性関節症』といいます。

片側ばかりに骨や軟骨を削るストレスがかかる…

これを取り除かない限りは、何度でも膝に水は溜まり痛みも引くことはありません

膝の痛みだけでなく、膝の水も体の歪みから起きているというお話でした。

 

 

ページトップ